Fランクビルメンはまブログ

過去の職歴や現在のビルメンの仕事を紹介しています。

第2話 高校を卒業して自衛隊入隊

こんにちは、Fランクビルメンのはまです。

 

今48才なので今から30年前、18才の時に自衛隊に入隊した時のお話をしようと思います。高校2年生にもなると大学に行くか就職するか進路を決める時期になりますが、私の通っていた学校は進学校ではなかったので7割くらいの人が就職していました。大学に行きたいと思っても実家には私を大学に通わせる余裕はありません。父はトラック運転手をしており給料がいいという訳でもなく数年前に買った家のローンもたくさん残っています。親に負担はかけたくないので高校を卒業したら就職する事にしました。

 

就職するといっても普通のサラリーマンは嫌です、毎日スーツを着て満員電車に乗るなんて耐えられません、当時映画でランボーを見てかっこいいな~と思っていたので自衛隊に入隊する事にしました。通っている高校の地域を管轄している自衛官募集事務所に応募しにいきました。

 

当時はバブルまっさかりで自衛隊に入隊しようする人は、ほとんどいませんでした。私のような自衛隊に入隊しようとする若者はとても貴重な存在です。自衛隊募集事務所の人に飯をご馳走してもらったり駐屯地見学に連れて行ってもらったりとても親切にして頂きました。そして自衛隊入隊試験を受けて無事に合格して陸上自衛隊の2等陸士になる事ができました。当時の試験は今みたいに倍率は高くなく健康なら誰でも合格できるような簡単な試験です。高校を卒業して自衛隊に入隊すると前期教育約3ヵ月、後期教育約2ヵ月、それから部隊配属になります。

 

前期教育は習志野駐屯地で受けました、広くてとても綺麗な駐屯地でした、パラシュート部隊の隊員のみなさんはとてもカッコよかったです。その習志野駐屯地では、歩き方、啓礼の仕方、銃の持ち方、射撃訓練、戦闘訓練など、基本的な行動を教わりました。1班8名で9班あったので約72名の同期で訓練を受けました。前期教育が終わりの頃になってくると後期教育の希望を聞かれます、普通科部隊、特科部隊、偵察部隊、通信部隊、戦車部隊など他にもいろいろありますが、それぞれの部隊の事をよく知らないのでどの部隊に決めたらよいのかりませんでした、そしたら隊長が「特科でもいいか?」と進めてきたので「特科でいいです」と返事をしました。あとでわかったんですが、特科とは大砲を撃つ部隊の事です。

 

前期教育が終わると、みんな後期教育を受ける為に、バラバラになります。お別れの日は、習志野駐屯地からトラックの荷台に乗せられて駐屯地を順番に出ていきます。3ヵ月間厳しい訓練を一緒にがんばってきた仲間が「がんばれよー!元気でな―!」と見送ってくれています。思わず涙が出てきてしまいました。泣くつもりはなかったんですが、自分でもびっくりしました自然と涙が出てきて涙が止まりませんでした、20分くらい泣いていました。後期教育を受ける場所は山梨県にある北富士駐屯地です。そこで大砲を撃つ訓練を約2ヵ月受けます。